散歩に出かけると何かしらのきっかけやヒントを貰える事が多い。
それが晩ご飯のアイディアだったり、次の映像作品のイメージだったりもするんだけど、今日思った事は名字と名前について。

こっちに来てから新しく知り合いになった人と自己紹介する際は、決まって名(英語で言うfirst name)をお互い交換するが、日本で人と挨拶する際は姓(名字)、もしくはフルネームで自己紹介する事が多い。

それはフォーマルな場合に限った話ではなく、日本では友人の間で姓で呼び捨てし合う事も多いと思い出して、でもこっちにきてからは友人の間で相手の姓を呼び合うという事はあまり考えられない。

それはそれぞれフルネームで名前を言う際に最初に言う方であって、ではなぜ日本では姓を先に、欧米では名を先に言うのかという事を考えだしたらなんだか面白くなってしまった。

この比較に簡単に答えを出そうとすれば、欧米は個人的主観を重視し、日本では家族の社会性を重視しているということか。
宗教的観点から考えてみると、キリスト教の言う神の前の平等という考えに対し、日本では多くの人が一つの宗教への信仰の変わりに自分の家族や先祖からの血縁関係を大切にする考えを持っていて、そういった根本的な考えの違いもあったりするのだろうかと思った。

そんなところで文章にするのはここら辺までにしときます。笑 ちょっと面白いと思ってもらえれば。

いつに始まったかは知らないが、電話を切るときに「ではまた、はーい。」って言うかんじで、絶対最後に「はーい。」って言ってしまう。
そもそもそれには気づいてなかったんだけど、家族の人と電話をしたときに、

「ではまた、じゃあね。」
「はーい、また。」
「はーい」
「はーい」
「はーい」
……

そうか、親の影響かと気づいた訳です。切るタイミングが分からない。お互い最後に「はーい」って言いたい。コール&レスポンスみたいになってる。
まあ、いいでしょう。

最近瞑想が注目キーワードになっています。去年の年末にtakeshi nishimotoさんが最近瞑想を始めたという話を伺っていて、ここ数日自分も試してみました。
っといっても、まだ15分とか20分とか短い時間なのですが、気づいた事は常にあれやこれやといろんな事を考えているという事実。
思考をシンプルにするという目的で、自分はとても効果があるなと感じました。特に朝起きてからすると、そのあとの作業がとても効率的に進む感じがしています。

自己暗示ってやつかな。






実はパソコンの横がなかなか面白い事になっている事に気がついた。
ちなみにHPにトップページを付け加えてみました。
http://junichiakagawa.net/

今日は久しぶりに覚えてる夢を見ました。面白い話じゃないんだけど、全然夢を覚えてないタイプなのでせっかくだから書いてみる。

それは、自分が家にいたら、どっかの隙間からおっきな蟻がはいってきて、それのあとに普通の蟻がわさー続いてきて。
したらそのあとになんだかデカめの恐竜がいた頃の虫みたいなのがぞろぞろついてきて家のなかを大行進して。
んでなぜか自分が昔無くしたものとかへんなガラクタも一緒にワサワサ行進してくのよ。

んでそれをひたすら見てると出てきた穴にみんな帰っていくっていう夢。

ウーム。

贅沢なことに2つ目もあって、それは待ちの小さな電気やさん兼喫茶店みたいなとこで、友達(誰かわからん)が味噌田楽を食べてるのを見てるっていうだけの夢。

うーーむ。

こうやって文章にしてみるとほんと中身のないことを再確認します。

はい、そんなこんなでB/Wのレコーディングがやっと歌録りにはいりました!
我らが南部さん(ドラスタの)のプライベートスタジオを借りて、そして南部さんがいま話題のバリーー??ンJIN君に借りたプリアンプをそりゃまたお借りしてやっております。

楽しい楽しい!!


やっぱりファストフードはサブウェイが一番!

いかにその他のことをうまく片付けて、自分のための時間を作るか。自分はずっといろんなものをみんなにoutputしていきたいんだけど、そのためには今自分の状況をしっかりと把握することがとても大切です。
自分の中で意識しているものは自分のinputとoutputをしっかりと認識すること。いま自分のoutputはもちろん音楽を作り出していくことですが、そのためにもたくさんのことを吸収する必要があるなと思います。それは直に音楽を聴くことであったり、本を読むこと、また人と話をすることだったりいろいろな形があると思います。そういったものと出会える機会を自分で自分に与えてあげたい。
結局、outputは自分自身なのかもしれないね。
flo1flo2flo3flo4